節分について調べてみた件2016 節分におすすめのいわし料理・レシピ

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]



最近テレビで恵方巻きのCMを見かけるようになりました。
お正月も過ぎ、次なるイベントは節分ですね!

節分には豆まき・恵方巻きが最近は定番ですが、
今年はイワシのお料理も作ってみませんか?

今回は節分にぴったりなイワシ料理のレシピをお届けします!!
が、その前に、なぜ節分にイワシ料理なのか・・・というお話を少しだけ。


スポンサードリンク



節分に鰯を食べる習慣は関西圏を中心とした西日本で多く見られる習慣です。
スーパーにもこの時季には節分用の鰯が並びます。
節分の鰯は主に焼いて食べられるのですが、この焼く時にモクモクと出る煙が
鬼は大嫌いなのですね。鬼払いの為に食べるというワケです。
また、「鰯の生臭さを鬼が嫌う」ともいわれ
昔は生の鰯を軒さきに吊るして、翌日一夜干しとなったイワシを炙って食べた・・
という説もあります。

「鬼の嫌いなもの=鰯」というところからイワシを食べるようになったということです。

さらに節分には柊の枝に鰯(主に頭部分)を刺した魔除けのお飾り
「ひいらぎいわし」を飾る風習があります。
画像
http://farm9.staticflickr.com/8234/8518942183_9695e7f6fd_b.jpg


イワシ料理を作るときに頭部を切り落としますので、それをひいらぎの枝に刺せば
「ひいらぎいわし」を作ることもできて一石二鳥ですね!

鰯の購入とともに是非、柊の枝も入手しましょう♪
画像
http://makepo.jp/content/column/2014/07/31/Fotolia_66333274_Subscription_Monthly_M.jpg




生の鰯でも一夜干しの鰯でも
鬼を追い払うことが目的でしたら、一番の調理方法は「焼く」ですね♪
画像
http://www.kyoto-gion.sakura.ne.jp/archives/images/050203a.jpg


スポンサードリンク



*栄養満点な鰯の最適な調理方法*
画像
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/79/9c/5676598e8671d59c845aedaff374ceaa.jpg
しかし!この寒い時期のイワシは脂がのっていて、栄養たっぷり!
脳を活性化することで有名なDHAや血栓予防に効果的なEPAも豊富です。
ですがDHAやEPAはイワシの脂部分に含まれています。
焼いてしまうと脂が落ちるので、それらの栄養素も一緒に流れ落ちてしまうのです。

このDHAとEPAを余すことなく取り入れられる料理方法は
ズバリ 煮る です。煮魚にしたときのDHAとEPAの残存率は100%です。

そこでイワシの美味しい煮付けレシピをクックパッドからご紹介♪

*定番の梅煮*
★骨まで柔らか♡いわしの梅煮 ★
http://cookpad.com/recipe/2337250
この煮汁、本当に美味しそうです。食べたいっ!

★臭みナシ!骨まで柔らか!鰯の梅生姜煮★
http://cookpad.com/recipe/2234553
美しい出来栄えですね。




梅が苦手な方はこちら・・・
★骨まで食べちゃう☆イワシの生姜煮★
http://cookpad.com/recipe/2492106
ご飯が進むこと間違いなし!

煮魚にすると煮汁に脂が溶け出すので、煮汁も一緒に食べることが大切です。
煮汁を濃くしすぎないように調理して煮汁ごといただくか
煮汁をご飯にかけて残さず食べましょう♪

また、一風変わったこちらの煮付けはいかがでしょうか。
北九州小倉の郷土料理「ぬかみそ炊き」(じんだ煮と呼ぶこともある)です。
イワシを煮る時に糠(あの漬物を作る糠床の糠ですよ~)を入れます!!

★イワシのぬかみそ炊き★
http://cookpad.com/recipe/255126

★じんだ煮★
http://cookpad.com/recipe/697008

これは本当に美味しくて病み付きになりますので
糠床をお持ちの方は是非チャレンジしてみてください!
糠床に山椒や鷹の爪がたっぷりと入っていると風味がいいですよ♪


いかがでしたでしょうか?
生のイワシを買ってきて捌いて煮付けて・・・と
ちょっぴり大変な気もしますが、やってみたら意外と簡単です。
また、手作りの味は格別です!!

2016年の節分は是非栄養満点のイワシ料理を食べてお過ごしください★


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ