運動会について調べてみた件2015 綱引き必勝法・日よけ対策

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

運動会で地味だけど一番力が入っちゃう綱引きを極める!



一本の長くて太い綱を大勢で引っ張るだけのシンプルな運動会の競技………綱引き

なぜか見ているこちらも

思わず力が入り競技に引き込まれることが『綱引き』の魅力ですよね。

「頑張れ!カラダを倒して!」とかける声にも力がこもります。

シンプルそうに見える綱引きで勝ち抜くためには

やっぱり作戦会議の内容が大事!

ただ引っ張るだけじゃ勝てない!

綱引きの正しいルールって知っていますか?

じつは奥が深い運動会の『綱引き』の正しいルールと必勝法をご紹介します。


スポンサードリンク



綱引きの正しいルールと必勝法



幼稚園から小学生、保護者の方が楽しめる運動会の目玉は綱引きです。

ただ、引っ張るだけの競技だとあなどってはいませんか?

綱引きは勝つための作戦が必要な団体戦なのです。


運動会の綱引きのルール



幼稚園・小学校・中学校によってルールがあるのでメジャーなルールをご紹介します。

人数:綱引きをする時は同じ人数で競技します。

ロープに手を触れないように手はアタマの上に置いて座ります。

ピストルの合図と同時に手に綱をもち、精一杯引っ張ります。

綱の中心に巻かれたリボンが

どちらかのチームに入って一定の時間が過ぎたらリボンを引き寄せたチームの勝ち!

最後まで綱は握ったままで、綱をおろし全員が腰を下ろしたところで結果発表。

※ピストルの合図の前に綱を手に持ったチームには「お手付き」が発生

※綱を引いている時お尻や背中などカラダの一部が地面に接触したらその時点で終了。

綱引きを盛り上げるためのアイディア、お助け綱引きも楽しそうです!

頑張って綱を引く子どもたちに助っ人団が登場します。

お助け綱引き:



参考にしたいルールはこちらからどうぞ!:


スポンサードリンク



実践6つの必勝方法!



ただ綱を引く綱引きは、されど綱引きなのです。

参加者と応援者が一体となる綱引きを

みんなで集まって作戦あっての必勝法をご紹介します。


  • 実践1 初歩は並び方から
    綱引きをするメンバーは、背の高い人が中心に来るようにして後方は背が低い人にするべし!

  • 実践2 決めては総重量
    綱引きをするメンバーは、体重が重い人を集めることがベスト!下半身に安定感があり、足腰の強さに自慢できる強者をそろえてみると・・・!

  • 実践3 男女男女と交互に並べ!
    男女が一緒に綱引きをする場合は、男子・女子・男子と交互に並ぶようにするべし!先頭と後尾は、男子が死守!

  • 実践4 綱と脇と絞め方と
    綱を握ったら脇を閉めて内側にねじるようにして引っ張るべし!

  • 実践5 ポージング
    みんなで空を仰ぎながら綱を引くべし!腰が落ちて力がみなぎる。

  • 実践6 一体感を感じるために
    みんなで大きな掛け声をだすべし!声を出すのと出さないのとでは大きな違いがでてきます!

運動会の綱引きは、ガチンコ勝負の場ですよね。

まして保護者参加型は、「はじめまして」で勝負開始です。

ちょっとした必勝法のコツを知っているお母さんやお父さんがいるだけで

白熱した綱引きとなり応援している子どもたちも興奮すること間違えなし。

引用先:http://www.tugofwar.jp/undoukai.html

運動会の地味な主役の綱引きですが、じつはれっきと競技スポーツです。

競技用スポーツ『綱引き』のルールはこちらからどうぞ!

公益社団法人日本綱引き連盟JTWF公式HP:

http://www.tsunahiki-jtwf.or.jp/index.shtml


後ろの人の邪魔にならない運動会の便利な日よけ対策



運動会を一層盛り上げるのは、応援者ですよね。

でも運動会の季節には強い日差しや紫外線も気になります。

せっかくの運動会。応援するときに

後ろの人へ配慮することができる日よけ対策になるグッズをご紹介します。


バスタオル・・・日傘は日よけ対策では持ってこいのアイテムですが、後ろの人の邪魔にもなりやすいので、バスタオルを有効活用してみましょう。アタマからすっぽり被せるだけでOK。風通しも良いし汗もすぐに拭けて一石二鳥です。



帽子とサングラス・・・眩しい日差しと紫外線をシャットダウンしてくれます。



スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ