クリスマスケーキ・レシピについて調べてみた件2015 犬・猫・ペット用・レシピを紹介

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

ワンちゃん用に手作りクリスマスケーキ

ワンちゃんに安心なケーキは手作りしちゃおう

ワンちゃんには

人間と違って砂糖を使った甘いケーキや脂肪分の多いケーキはあげられませんね。

ワンちゃん用のケーキもありますが

本当に安心してあげられるのはやはり手作り。

生クリームの代わりにヨーグルト、砂糖もバターも無しの安心ケーキのレシピです。



引用元 http://jp.stockfresh.com/thumbs/tobkatrina/1024981_子犬・歌・幸せ・歳の誕生日・パーティ・犬.jpg

引用元
http://jp.stockfresh.com/thumbs/tobkatrina/1024981_子犬・歌・幸せ・歳の誕生日・パーティ・犬.jpg




スポンサードリンク



材料(12㎝型)





薄力粉:40g  

コーンスターチ:小さじ1  

ベーキングパウダー:小さじ1/2

卵黄:2個分 
  
卵白:2個分  

水:20ml  

バナナ:1本  

ヨーグルト:1パック(450ml)→必ず無糖タイプを使ってください。

以下、飾り用として………

いちご:5個 
 
サツマイモ:100g  

かぼちゃ:100g 
 
バナナの輪切り:4枚





作り方




① ヨーグルトは、ざるにキッチンペーパーを敷き丸一日しっかり水を切ります(冷蔵庫にて)→一日後190gになりました。

② さつまいもは皮をむき、サイコロ状にカットしてみずにさらしておきます。かぼちゃも皮をむき種も取り、サイコロ状にカットします。

③ 2をシリコンスチーマーに入れて、電子レンジ600Wで5分加熱し、3分蒸らします。

④ それぞれ容器を取り分けて、マッシャー器で潰します。

⑤ 4をラップではさみ、ゆるい三角に形を作ります。

⑥ 飾り用バナナは適当な大きさに4枚スライスします。

⑦ いちご4個は間を切り、スライスしたバナナを挟み サンタ風にします。

⑧ 残りの1個はスライスして、ストローでくりぬきます。

⑨ くりぬいたイチゴを、5に軽く埋め込みます。イメージはキノコです。

⑩ 型にクッキングシートを敷き、周りにも敷きます。

⑪ 粉類(薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー)を合わせて、ふるっておきます。

⑫ バナナ1本はマッシャー器でとろとろになるまで潰します。

⑬ 13に卵黄を入れてよく混ぜ、水もいれてさらに混ぜ合わせます。

⑭ 14に11のふるった粉を入れて、ゴムベラでさっくり混ぜます。

⑮ 卵白を電動ハンドミキサーでしっかりとしたメレンゲになるように泡立てます。

⑯ 15に16のメレンゲを3回に分けてさっくりと混ぜます。

⑰ 型に17の生地を流し込み、160℃に温めたオーブンで25分焼きます。

⑱ 焼けたら、型から外して冷まします。

⑲ 19のスポンジに水切りヨーグルトを塗っていきます。(117g使用)

⑳ 20に7と9を塗り、クリスマス飾りを飾ります。





*食べるときはワンちゃん分だけ小さく切ってあげます。


ワンちゃんにあげてはいけないもの



  • 生の卵白(加熱すれば大丈夫ですが、調理中に手を出されないよう気をつけましょう)
  • こんにゃく、たこのこ、きのこ類(灰汁が強く消化が悪いのです。ケーキにはあまり使いませんが)
  • アボガド(アボガドについては、賛否両論あるようです。)
  • カフェイン、アルコール(中枢神経系に強く作用します)
  • さくらんぼや桃(未成熟なものは良くないです。種なども危険があります)
  • ブドウ(飾りに使わないでくださいね)
  • 牛乳(下痢してしまいます)
  • はちみつ(ボツリヌス菌が入っている可能性があります。子犬は禁忌です)
  • チョコレート(絶対にダメです!カカオの心臓毒性が犬に作用し、取り返しのつかないことになる可能性があります。ケーキと言えば、チョコレートはきれいですが、絶対に使わないでください)
  • ナッツ類(窒息の危険があります)
  • フルーツアレルギーがある場合、バナナ、キウイ、桃、イチゴに反応する犬もいるようです。愛犬のアレルギーが無いか、よく確かめてから使用してください。


スポンサードリンク



手作りで安心を手に入れよう



手作りは何かと面倒もありますし、理想通りにいかないときも多いですが

使っている食材が分かりますし、量の調整もできるのでやはり安心です。

今回のレシピは、犬に問題ないと言われているものを使っていますが

犬は人間よりずっと小さいので

食べ過ぎれば中毒反応を起こす場合もあります。

また、自分の愛犬の体重や普段の食事量などを考え併せて作ることができ

食事に響かないようにすすこともできます。

大事な家族のために、今年はひと手間かけてみてください

 https://youtu.be/MY5fr5rE38E


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ