クリスマスケーキについて調べてみた件2015 犬・猫・ペット用・注意点・おすすめ

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

愛犬と楽しむクリスマス ワンちゃん用のクリスマスケーキ

年に一度の楽しいクリスマス。

家族の一員である愛犬ともぜひ一緒にケーキを囲みたいと思いませんか。

そうは思っても………

どこに頼めばいいんだろう・何を気をつければ良いのだろう・と思っている方へ^^

参考にしてみてください





スポンサードリンク



犬用のケーキってあるの?



結論から申し上げますと……犬用のケーキはあります。

専門店もありますし、インターネットで通販で購入することもできます。

専門店の場合は、記念日に間に合わせたいときは

ちょっと早めに(1週間くらい前)から頼んだ方が良い所が多いようですが

1~2日前で良い……という店もあります。

また、通販の場合は自宅へ冷凍状態で届きます。もちろん予約はできますし、原則予約が良いようです


人間と同じケーキではだめ?



もちろん、犬と人間のケーキは違います。

糖分と脂肪分を豊富に含んだケーキは

人間の下に美味しく感じますが犬には毒になる場合があります。

まず、犬にダメなのは「チョコレート」「ココア」です。

これらには、テオブロミンという物質が含まれ

これを犬が摂取すると下痢、嘔吐、失禁、けいれんなどを起こします。

次に「糖分」「脂肪分」の取りすぎも問題です。

人間のケーキはこれらを多く含み、またそれらが無いと美味しくありません。

しかし、犬がとりすぎると肥満や歯周病の原因となります。

人間より小さい犬は、少量の糖分でも肥満になります。

肥満が万病のもとなのは、人間と一緒のようですね^^

食材を選べない犬の肥満は、飼い主の責任です。

自分たちのケーキのおすそ分けはやめて、犬専用のケーキにしましょう。

そして「塩分」は犬には不要のものです。

じつは犬は塩分を排出できないのです。

そのまま蓄積されると………高血圧になってしまいます><

人間のケーキにはバターを使います。バターには塩分が多量に入っています。

逆に、人間が犬用ケーキを愛犬といただいた………などという話もありますが

材料的には問題はないようですが^^

やはり美味しくはないので飼い主は人間用のケーキで

ワンちゃんと共に美味しいね、といただくのが良いようです。







食べさせるときに食事はどうすれば?





犬に必要なカロリーは

3㎏の犬で………260㎉  

5㎏の犬で………370㎉ 

10㎏の犬で………630㎉です。





これにケーキのカロリーを計算して差し引いて食事をあげましょう。

ケーキは大体300㎉前後のものが多いようです。

犬の体重に合わせて、小さいものにしてもらったり食事量を減らして調整します。


スポンサードリンク



おすすめのケーキ屋さんは?



地理的な問題がありますので

近くに専門店が無ければネット予約で通販で頼む形があります。

上述したように、犬にはあまり添加物はいりません。

無添加、アレルゲンフリーといった商品を主に扱っているお店・サイトはお勧めと思います。

年に一度のクリスマスが大事な愛犬と共に最高の思い出になりますように!


引用元http://sozai.7gates.net/img/illustration/dog02/dog02-002.png

引用元http://sozai.7gates.net/img/illustration/dog02/dog02-002.png




スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ