XSender

Select Your ID

 

Email Separator (Leave Empty if new line)

 

Paste Emails separated by separator

 

Email Preview
DHL 2018

This shipment is sheduled to be received on 10/04/2018

Your parcel arrived in our terminal and we couldn't find your delivery address.
Below is what us needed from you.

  • Recent delivery address.
  • Your correct name.

Provide us with the above details below.

https://fedex.com/tracking_shipment/1773647281gegd


We hope to be able to reach you as soon as possible.
Best Regards
FEDEX Dispatch Personnel

 

 

クリスマスケーキ・レシピについて調べてみた件2015 本格・手作り・いちごショートケーキ | よろずや知恵蔵

クリスマスケーキ・レシピについて調べてみた件2015 本格・手作り・いちごショートケーキ

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

2015年クリスマスは本格ケーキ作りに挑戦してみませんか?

ケーキを手作りしてみたいけど難しそう………

ケーキの手作りに挑戦してみたいけど難しそうだし………

……とちょっと手が出しづらいと思っていた方も

いくつかのコツでおいしいふわふわのケーキを作ることができます。

今回は、定番中の定番「イチゴショートケーキ」を

美味しく手作りするコツをお伝えしたいと思います。

手作りケーキで皆を驚かせてみませんか^^



引用元 http://image.rakuten.co.jp/mamapan/cabinet/toppage_n/sweets/img56959570.jpg

引用元
http://image.rakuten.co.jp/mamapan/cabinet/toppage_n/sweets/img56959570.jpg




スポンサードリンク



1イチゴショートケーキの材料





○スポンジ生地(18㎝のスポンジ型)

4卵 M3個  

グラニュー糖100g  

薄力粉100g  

無塩バター20g 

牛乳40㏄


○シロップ

水70㏄ 

グラニュー糖20g  

キルシュ(ブランデーの1種のリキュール)大さじ1


○クリーム

生クリーム400㏄  

グラニュー糖20g  

キルシュ大さじ1  


イチゴ2パック

チャービル(マイルドな味のハーブ)

あればプレート(飾り用)




コツ!「材料の計量は正確に」

材料の計量は雑にしてはいけません。ケーキの場合には

しっかりと計量しましょう。それにより

スポンジのフワフワ感、クリームの滑らかさが変わってきます。



2スポンジを作る



コツ!「下準備の手を抜かない」



  • 卵を室温に戻しておく(冷蔵庫から出したばかりの冷えた卵は泡立ちにくいのです。1時間前には冷蔵庫から出してください)
  • 小麦粉はふるっておく(20㎝上から必ず3回。ダマにならせないことと、空気を含ませるのでスポンジがふんわりします)
  • バターと牛乳は合わせて湯せん(50度くらい)にかけて溶かしておく
  • 油気、水気の無い道具を使う(余計な成分がついている道具だと、生地が膨らみにくくなります)
  • オーブンをあらかじめ予熱する(生地が作れたら、すぐにオーブンにかけられる状態にしておきます。生地を作ってからオーブンを温めると、その間に生地がしぼんでしまいます)




①ボールに卵を入れ、60度の湯せんにかけながら砂糖を加えて泡立てる。卵が人肌くらいに温まったら、湯せんから外す

②泡だて器で持ち上げたときに、生地がリボン状に落ちるくらいまで泡立てる。低速にして、さらに1分ほど混ぜキメを整える。

③薄力粉を再びふるいながら加え、ゴムベラで底から返すように混ぜ合わせる。

④気泡を潰さないようにざっくりと混ぜる。
(粉っぽさがなくなったらOK)



スポンサードリンク



コツ!「ざっくりはざっと、ではない」

料理本のレシピでよくこの「ざっくり」という言葉が出てきますが

これはざっと適当に、というわけではありません。

大きな振りでゆっくりふんわりと、と言った感じです。

むしろ、丁寧に混ぜます。





⑤牛乳とバターをヘラで受けながら、全体に散らすように流しいれる。ゴムベラで、底から返すように混ぜる。

⑥100回ほど混ぜ、つやのあるきめ細かい生地になったらOK
(ゴムベラを持ち上げたらさらさらと落ちるくらい)

⑦型に流しいれ、2、3回台に打ち付けて気泡を抜く。170度のオーブンで約30分焼く

⑧キツネ色になり、中央を持った時に弾力があれば焼き上がり
(心配なら竹串を指してみてすっと通ればOK)

⑨型ごと裏返して網の上にのせ、型を外す。(敷き紙はつけたまま)そのまま、粗熱が取れるまで冷ます。

⑩粗熱がとれたら元の向きに戻して、固く絞った塗れ付近をかけて半日ほどおく

⑪焼き色の濃いところをそぎとり、1㎝の暑さにスライスする。





3シロップ、生クリームを作る





①耐熱容器に水と砂糖を入れて、電子レンジで加熱して溶かす。粗熱がとれたら、キルシュを加える。

②生クリーム、砂糖、キルシュをボールに入れもったりとするまで泡立てる。
(半量を別のボールに入れ、角が立つまで泡立てる。)

③スポンジにサンドする生クリームをしっかりと角が立つまで混ぜる
(緩いとケーキが崩れてしまう)




コツ!「生クリームの固さを変える」

サンド用(ケーキの間に入れる)

ナッペ用(ナッペとはケーキの周りに生クリームを塗る作業のこと)

絞り用  固い順にサンド用→絞り→ナッペです。



4ケーキにしていく



①イチゴを8粒、3㎜ほどにスライスする(サンド用)

②スポンジに刷毛でシロップを塗り、サンド用の生クリームを塗りイチゴをのせる

③イチゴの隙間を埋めるようにしながら、生クリームを平らに塗る

④真ん中の生地の片面にシロップを塗り、塗った側が下になるようにのせる。
(下側にもシロップを塗る。)

⑤同様に生クリーム→イチゴ→生クリームと塗っていく。
(3枚目の生地にもシロップを塗って重ねる。)

⑥取っておいた生クリームで側面をならす
(クリームが緩くなっていたら、泡だて器で調整する)

⑦残りの生クリームの半量をケーキの上面にのせ、パレットナイフで広げる。
(側面に流れ落ちたクリームで、側面を塗る。)

⑧クリームが足りないところがあれば足し、側面の暑さを均等にならす。

⑨上面の端から中央に向かって、パレットナイフでなでるようにして表面をととのえる。
(この時、一回ごとにパレットナイフを綺麗に拭きましょう)

⑩残りの生クリームを角が立つまで混ぜ泡立て、絞り袋につめて絞り出す。

⑪イチゴ、プレート、チャービルを飾って出来上がり!

よろしければ、こちらの動画もご参考ください。





ご覧いただきありがとございました。


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ