XSender

Select Your ID

 

Email Separator (Leave Empty if new line)

 

Paste Emails separated by separator

 

Email Preview
DHL 2018

This shipment is sheduled to be received on 10/04/2018

Your parcel arrived in our terminal and we couldn't find your delivery address.
Below is what us needed from you.

  • Recent delivery address.
  • Your correct name.

Provide us with the above details below.

https://fedex.com/tracking_shipment/1773647281gegd


We hope to be able to reach you as soon as possible.
Best Regards
FEDEX Dispatch Personnel

 

 

絶対におさえておきたいお彼岸マナー 今年は家族みんなでお彼岸にお墓参りしませんか? | よろずや知恵蔵

絶対におさえておきたいお彼岸マナー 今年は家族みんなでお彼岸にお墓参りしませんか?

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

子どものころ、両親から「お彼岸だから」という言葉をよく耳にはしたものの

オトナになった今「お彼岸?」とおもう方も多いのではないでしょうか。

私の中ではお彼岸の印象はお墓に咲き誇る「彼岸花(ひがんばな)」のイメージなんですよね。

彼岸花の花言葉は、

「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「悲しい思い出」

「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」と意味深です。

別名、マンジュシャゲ、地獄花、葬式花、死人花、ハッカケババアとも呼ばれています。

彼岸花は亡くなった人を彷彿させる意味をどうして持つのか。

そんなお彼岸とは何かをご紹介します。


スポンサードリンク



1 春分の日と秋分の日は、お彼岸の日

お彼岸は、春と秋に2回あります。

春のお彼岸(春彼岸)は『春分の日』を中日にして前後3日間を合わせた7日間あります。

秋のお彼岸(秋彼岸)は『秋分の日』を中日に前後3日間を合わせた7日間です。

『春分の日』は、自然をたたえ生物をいつくしむ日です。

『秋分の日』は、ご先祖さまを敬い

亡くなった人々を偲ぶ日として国民の祝日に定められています。

お彼岸の休日が国民的休日になっていることは

日本人が亡くなった人やご先祖さまの想いを大切にしているからだと推測されます。

家族が顔を合わせることが難しくなった現代では

家族みんなでお墓参りに向かうことも難しくなってきました。


重松清さんの小説「とんび」の中に出てくる和尚に一言があります。

身重の奥さんがお墓参りをしているときです。

「墓なんて、死人の集まりじゃなねぇか!
そんなところに身重のオンナが行って嫉妬されとり憑かれたらどうすんだよ!」

と主人公がいったとき

「馬鹿者!」と和尚が主人公にゲンコツをします。

「神様は沢山の人の願いをきいている。願いが届かない時だってある。そんな時

本当に頼りになるのは身内だけだと思わんか?」

このあと主人公は思い返し奥さんとお墓に手を合わせます。


お彼岸とは、ご先祖様のご供養を通して今生きていることへの感謝の気持ちを考える日かもしれません。


スポンサードリンク



2 お彼岸のマナー・仏壇の飾り方

お彼岸の過ごし方は、じつはこれといった決まりはありません。

どちらかというと、その家々での風習があるので戸惑う方も多いですが

「郷に入らずば郷に従え」というように、その家系の風習を受け入れることが良いでしょう。


お墓参りの持ち物:

お線香・ろうそく・マッチ(ライター)、お花
お供え物(お菓子・果物・故人が好きだったもの)、半紙

お墓を洗う道具:ブラシ・バケツ(お寺で貸し出しがあるところもある)墓石をふくタオル。


お墓参りをする前には
周りの雑草を抜き墓石に水をかけて拭き掃除をしお墓の綺麗に掃除をしましょう。

水鉢に綺麗な水を入れ、花立てにお花を供えます。


お供え物をする時のマナー:

お菓子や果物は直接置かずに二つ折りにした半紙の上に置きます。

お供え物はそのままにせずにお参りが終わった後は、下げて持ち帰ります。

(お寺によってはお供え物を禁止しているところもありますので、必ず持ち帰ることが良いでしょう)


仏壇へは:

仏壇・仏具を綺麗に掃除します。

お花・お線香・ろうそく・お供え物として

牡丹餅(春)おはぎ(秋)・果物や精進料理を

お供えします


3 遠くてお墓参りができない時

本家のお墓が遠方にあるときは、お墓参りにいけないときもあります。

お金を包むこともありますが、今はお線香を送る人も増えています。

あるお坊さんが言っていた言葉です。

「何よりのお供え物は、空を仰いで故人に思いを馳せる気持ちなのです」


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ