京都府 鞍馬の火祭り2015について調べてみた件。京都三大奇祭

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

見どころ満載!京都府 鞍馬の火祭り 



10月22日、昼間は時代装束に身を固めたパレード「時代祭」でにぎわう京都ですが

夜は京都三大奇祭の1つである「鞍馬の火祭り」が行われます。

魔王のすみかと言われる鞍馬寺周辺にあって

鞍馬寺の鎮守社であると同時に鞍馬の氏神でもある由岐神社。

「鞍馬の火祭り」はこの由岐神社のお祭りです。

祭りのクライマックスには青年たちが、4mもある松明を担ぎ

神輿が山門前で激しく揺さぶられ、息をのむほどの緊張感を味わうことでしょう。


スポンサードリンク



由来について………



940年(天慶3年)平安京の内裏に祀られている由岐明神(由岐神社)を

都の北方の守護として、また当時頻発した大地震や争いなど

相次ぐ世情不安を沈めるために、朱雀天皇の案により鞍馬に遷されました。

この時、鴨川に生えていた葦をかがり火として道々に点灯したほか

遷宮の行列は1kmにも及んだといわれてます。

これに感激した鞍馬の住民がその出来事と由岐明神の霊験を

伝えるために始まったといわれています。

祭りの日程は2015年の祭事は10月22日(時代祭と同日)の夜に行われます。


祭りの流れ………



18時ころ「神事にまいらっしゃれ」という神事触れの合図により

集落の各戸に積まれた松明に点火が始まります。

初めは主に子どもが小さな松明を

その後は青年など大人が比較的大きな松明を持って

「サイレイヤ、サイリョウ」のかけ声と共に集落内を歩き

「仲間」と呼ばれる御旅所へ向かいます。


スポンサードリンク


                                  
20時ころ、各仲間からの大松明が鞍馬寺山門前に向かいます。

各松明は山門前にひしめき合い、その後石段下の一ヶ所に焼き捨てられます。
                             
21時半ころ、石段奥の注連縄が切られて

八所大明神、由岐大明神の順序で神社から神輿が出ます。

参道が急なため、スピードが出過ぎないように女性が綱を引きます。

この綱を引くと安産になると伝えられているため

若い女性が多く参加しています。神輿が降りる際

ふんどし姿の青年が担ぎ棒にぶら下がります。

これをチョッペンといいます。これは元服の儀式であり

鞍馬の青年にとっては一生に一度となる成人の儀式です。

23時半ころ、神輿が集落内を歩き、御旅所に安置されます。

神楽の奉納のあと、神楽松明が境内をまわります。(24時ころ終了)

翌2時ころ、神輿が御旅所から神社に戻る「還幸祭」が行われ、祭事のすべてが終了します。





注意点………



問題はかなりの混雑なので車で行くことはまず無理です。

交通手段として叡山電鉄がありますが

行きも帰りもかなりの混雑の覚悟が必要です。

神事も見たいなら午前中に現地入りをするほうがおススメです。

また、見とれていると終電に乗り遅れますから注意してください。

臨時運行で24時すぎまでありますが、事前に駅でチェックしておいたほうがよいでしょう。


勇敢でダイナミック、見てる側も興奮する京都の伝統行事。

一度見たら来年も絶対見たい!と思わせる火祭りです。

当日は大変に混み合いますので

なるべく早めに予定を立てておくことをおすすめします。

ぜひ鞍馬の火祭を楽しんでください。


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ