XSender

Select Your ID

 

Email Separator (Leave Empty if new line)

 

Paste Emails separated by separator

 

Email Preview
DHL 2018

This shipment is sheduled to be received on 10/04/2018

Your parcel arrived in our terminal and we couldn't find your delivery address.
Below is what us needed from you.

  • Recent delivery address.
  • Your correct name.

Provide us with the above details below.

https://fedex.com/tracking_shipment/1773647281gegd


We hope to be able to reach you as soon as possible.
Best Regards
FEDEX Dispatch Personnel

 

 

2016年の初詣が喪中の常識は?喪中と忌中の違い・厄払いは?数え年は? | よろずや知恵蔵

2016年の初詣が喪中の常識は?喪中と忌中の違い・厄払いは?数え年は?

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

1 2016年の初詣 喪中について
一年の始まりに無病息災、家内安全を祈願して初詣に行きますが、縁起物が並ぶなか喪中の時はどうしたらよいか迷うことはありませんか?また、2016年初めて喪中になってしまう人、喪中だけど厄年に当たるので厄払いしたいけどどうした良いか迷っている人は参考にしてみてください。


スポンサードリンク



2 喪中と忌中
「喪中」という言葉は一般的で浸透していますが、意外と「忌中」との違いについてはよく知らない、ということはありませんか?
喪中と忌中は分けて考える必要があります。それによって、初詣も行ける、いけないの判断材料になります。
忌中とは、家族・親族が亡くなって49日までの期間を言います。この期間は、外出も避けて社交的な場には出ず、身を慎むべきとされています。お祝いや晴れがましいことも避けるべきです。
一方喪中とは、家族・親族が亡くなって1年間の期間を言います。喪中は、忌中ほど慎む必要はありません。基本的には初詣も行けます。
*年賀状の時期に「喪中ハガキ」をもらったら、基本的には「おめでとう」というメッセージの年賀状は送ってはいけません。ただ、年賀状そのものを喪中・忌中でも受け取ることは問題ないのです。たた、喪中・忌中の人に年賀状を送る場合は「おめでとう」の言葉は避け「謹賀新年」「忌中見舞い」などと書くようにします。
ここで画像➡http://www.matsuo-print.com/matsuo/img/m_2014_05.jpg
3 厄年とは
 迷信という説もありますが、医学的・社会的に大きく環境の変化がある、とされています。
数え年で、男性は25歳・42歳・61歳です。女性は19歳・33歳・37歳・61歳が一般的です。特に男性の42歳と女性の33歳は四二(しに)、三三(さんざん)といって「大厄」とされ、その前後の年を前厄、後厄として3年間身を慎みます。
前厄と後厄を考えると、女性の30代は半分以上が厄年に引っかかります。ある調査によると、子宮筋腫や乳がん、子宮がんがはっかくしたという声もあり、30代という年齢が女性の節目におおいに関わっているという説もあります。
男性の場合も、大厄42歳前後では、大腸がん、喉頭がんの発生率がとても高くなっています。生活面でも離職、リストラ、不倫、離婚と災難が降りかかってくるのが多いのもデータ上は事実の様です。
 離婚率も厄年に当たる31歳~33歳がトップです。これは平均離婚年齢より2割アップだそうです。
*数え年とは
 仏教の教えでは、お母さんの体内にいる一年も命として数えます。生まれたばかりの赤ちゃんは0歳でもその時点で1歳と数えます。以降お正月を迎えるごとに2歳、3歳と増やして数えます。
数え年のカウント方法は、年明け後に誕生日を迎えていない人は満年齢+2
                      誕生日を迎えた人は満年齢+1となります。


スポンサードリンク



4 約祓いはした方がいい?
 厄年を気にするならお祓いをした方が良いでしょう。迷信として気にしない人もいます。絶対にした方が良いとは言えません。厄年のお祓いをしたら逆に不幸が出た、お祓いをしなかったら空き巣被害にあった、など結局は何を気にするかの問題かもしれません。
 ただ、気にするなら前厄、本厄、後厄と3年続けて厄払いに行きましょう。一度気にすると「厄払いをしなかったから」と、何が起きてもストレスの原因になりかねません。こころのよりどころができて、安らぎが得られれば良いのです。
 ちなみに、厄年と決められる経緯に、肉体的・社会的・生活環境的に変化が集中する年齢があり、その年齢の時には気をつけるために、それらの年齢を厄年として定めた、厄年とは昔の人の知恵の一つでもあります。
ここで動画➡https://youtu.be/7V1cJv-65gs?t=48
5 喪中に厄払いはできる?
 喪中にこれ以上の不幸は嫌だから、ぜひ厄払いをしたいという気持ちにもなるかもしれません。
忌中(不幸の後49日まで)はできませんが、喪中(不幸の後49日~1年間)はできる、というのが一般的なようですが、神社によっては考え方が違うところもありますので、問い合わせてみた方が良いようです。
ここで画像➡http://up.gc-img.net/post_img_web/2015/09/DIaU9NO7761ifEe_13312.jpeg
6 喪中のお正月
 お正月は一般的には慶事です。その最中、忌中、喪中を過ごさなければならないのは辛いですね。初詣に行くのは、神社か寺院が多いと思いますが、特に神社は「死」を「穢れ(けがれ)」と考える風習があり、喪中にはいきにくい気持ちにもなります。
 それでも、忌中と喪中をきちんと分けて考えて神社や寺院の考え方に沿っていれば、初詣もできます。地味にでもお正月にやはり一年の祈願をしておきたい、と考えるのは当然かと思います。念のため、神社や寺院に問い合わせて初詣プランをたてましょう


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ