2016年初詣・関東の人気神社・お寺ランキングベスト10‼︎ご利益のあるおみくじの引き方‼︎

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

1 関東の初詣スポット

初詣といえば、地元や最寄りの神社に行くのも大切です。

やはり氏神様にお参りしておくのは

地元で安全に健康に暮らしていくために必要ではあります。

しかし、関東エリアに住んでいる人なら

ご利益で名高い神社や寺院に足を延ばしてみるのもお勧めです。

たまのお正月休みに足を延ばして

関東エリアの他の神社や寺院に行ってみても良いのではないでしょうか。

関東エリアでのランキングをしてみました。


スポンサードリンク



2 関東エリアの初詣人気スポットランキング
2.1 1位 明治神宮(東京都)  316万人
 明治天皇と昭憲皇太后のご神霊をお祀りするために創建されました。初詣者数は三が日で300万人以上と例年一位を記録しています。ご利益は皇室繁栄、世界平和、家内安全、社運隆昌、縁結び、厄除け、交通安全、合格成就などです。国民からの献木10万本により造成された代々木の杜は、今では都会のオアシスとなっています。また、江戸初期以来、加藤家・井伊家の下屋敷の庭園だった御苑は、武蔵野の面影を留める名苑として知られています。
ここで画像➡http://www.meijijingu.or.jp/img/midokoro/shobu/map.gif
2.2 2位 成田山新勝寺(千葉県) 305万人
 小高い丘に多くの堂塔が点在し、じっくり見ていたら丸一日はかかる見所満載のお寺です。額に印を押してもらう新春不動明王御印紋は、学業成就のご利益もあると受験生に人気があります。空港に近いことから外国人の姿も多くみられます。天慶3(940)年に寛朝大僧正によって開山され、ご本尊は不動明王です。また、光明堂の裏にある奥ノ院には大日如来が祀られています。約300畳の広さを誇る大本堂から大塔へ進むと、眼下に成田山公園が広がっていて、すがすがしい景色が見られそうですね。
 3つの池の上流にある押飛の滝はパワースポットとして見逃せません!
ここで画像➡http://www.solmare.com/cbox_jp/photo01_jpn/jpn12/narita_shinshouji/gallery04/JPN12-dc00069.jpg
2.3 3位 川崎大師 平間寺(神奈川県) 302万人
  関東の名刹、川崎大師は、1128年に平間兼乗(ひらまかねのり)と尊賢上人により建立され、さまざまな災厄をことごとく消除する厄除け大使として有名です。境内には、平安町様式の大本堂や不動堂、八角五重塔、薬師殿などの荘厳な堂が立ち並びます。また、大使河原には自動車の交通安全祈祷を行う自動車交通安全祈祷殿があります。ご本尊は、厄除弘法大師です。
ここで画像➡http://tencoo.fc2web.com/jinja/kawasaki06.jpg
2.4 4位 浅草寺(東京都)283万人
 参道の仲見世には、名物の雷おこしや人形焼などを売る店が軒を並べ賑やかです。江戸時代に建立された本堂などの伽藍は、東京大空襲でほとんどが消失してしまいました。急こう配の屋根が特徴的な、本堂や五重塔などは戦後に再建されています。大提灯で有名な雷門も、昭和35(1960)年に松下幸之助氏の寄進によって再建されたものです。元日0時に、弁天山にある鐘楼で「除夜の鐘」が打たれます。それを合図に、本堂外陣では詰めかけた参拝者からの大きな歓声が沸きあがります。
ここで画像➡
2.5 5位 鶴岡八幡宮(神奈川県) 250万人
 鎌倉のシンボルとして知られます。鎌倉幕府を開いた源頼朝公が、由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地に遷したのが始まりとされています。建久2(1191)年には、鎌倉幕府の宗社として上下雨宮の姿に整え、鎌倉の街づくりの中心となりました。また、頼朝公は相撲、舞楽など、今日にも引き継がれる神事や行事を興しました。現在の本殿は、文改11(1828)年に11代将軍徳川家斉が造営した代表的な江戸建築であり、若宮と共に国の重要文化財に指定されています。
ここで画像➡http://pds.exblog.jp/pds/1/201101/08/95/e0025695_0385256.jpg


2.6 6位 武蔵一宮氷川神社(埼玉県) 215万人
 明治天皇の御親祭以降は、勅祭社に列せられ8月1日の例祭には御差遣と東遊の御奉納があります。東京、埼玉を中心に鎮座する280社ほどある氷川神社の本宮です。御祭神は、須佐之男命(スサノオノミコト)、稲田姫命(イナダヒメノミコト)、大己貴命(オオナムチノミコト)の三柱の神を祀っています。境内の広さは、約3万坪で中山道の一の鳥居から続くケヤキ並木が生い茂る約2㎞の参道は、全国でも有数の長さを誇ります。神橋、回廊はもとより楼門の朱も荘厳で美しい見所です。
ここで画像➡http://古今東西.com/wp-content/uploads/2015/03/4c046e85b117cfdce0f824104a83297b-e1426407081874.jpg
2.7 7位 笠間稲荷神社(茨城県)  81万人
 1360年以上の歴史を誇り、食物の神、農業の神、転じては殖産工業の神として、この地の支配者からも民衆からも信仰を集めてきた神社です。現在でも参拝者数は年間350万人にも上り、県内では群を抜いています。初詣では、大みそかにその1年を振り返ってお参りをし、年が明けたら新年の参拝をする「二年参り」が行われます。商売繁盛、学業成就などが代表的なご利益です。本殿に施された「蘭亭曲水の宴」「三頭八方睨の龍」などの美しい彫刻もぜひ見てみてください。
ここで画像➡http://tabiiro.jp/lpimg/leisure/202808/main/img2.jpg

2.8  8位 鹿島神宮(茨城県)  70万人
 香取、息栖(いきす)と共に東国三社の一つとして知られています。鮮やかな朱色の楼門は、日本三大楼門の一つでもあります。背後に広がる鬱蒼とした森には、鹿が静かに暮らす別世界が広がります。ちなみに、Jリーグの鹿島アントラーズの「アントラー」は境内にいる鹿の角にちなんだものです。
江戸時代の刺客、塚原卜伝は、鹿島神宮の神職の家系だった人です。そのため、武芸上達も大きなご利益の一つです。そのほか、旅行安全、五穀豊穣、殖産、安産、開運などにもご利益があります。
ここで画像➡http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/29144/image/

2.9  9位 妙見本宮 千葉神社(千葉県) 63万人
 千葉市の中心に位置する、厄除開運、八方除の神社です。平成2(1990)年に竣工した鮮やかな朱色が目を引く社殿は、上下に二つの拝殿がある日本初の重層様式でたてられています。主祭神は、北辰妙見尊星王で、北極星と北斗七星の神様になります。このため千葉神社は、人間の星(運命)や全方位を守護する「妙見様」として親しまれており、日本有数の「妙見信仰」の中心でもあります。
ここで画像➡http://www.rekishijin.jp/wp-content/uploads/6(52).jpg
2.10  10位 西新井大使(東京都) 54万人
 正式名は五智山遍照院總持寺です。古来より「火伏の大師」「厄除開運」の霊場として有名です。ご利益は厄除、方位災難除、家内安全、学業成就、交通安全、旅行安全、商売、開運などです。境内には、西新井の由来になった井戸や、御党内の塩をイボにつけるとたちまち治るといわれる塩地蔵などがあります。元旦の0時には、元朝御開扉大護摩修行が行われます。
ここで画像➡http://livedoor.blogimg.jp/splash1801/imgs/8/b/8b613bb3.jpg


スポンサードリンク



3 ご利益のある効果的なおみくじのひきかた
① 参拝時におみくじを引くことを伝える。
おみくじを引こうと思っているときは、参拝の際に「○○の件でおみくじをひきたいと思っているのですが、教えてください」などといったように伝えておくと良い、とのことです。「今、○○のことで悩んでいて、今後どうなるか知りたいので教えてください」といったように、合わせてお伝えしてみましょう。
② おみくじをひく時は、ガシャガシャしない。
おみくじ箱があったら、心を込めて静かにひきます。箱の中で音を立てて、かき混ぜるような感じでひくのは避けましょう。また、おみくじ箱を振って、木の棒が出るタイプも静かに振るのがコツとのことです。占いたいことについて念じながら、ひくor振ってみましょう。
③ おみくじは持ち帰って読み直すことが大切(諸説あります)
おみくじに書かれている文章が大事なので、吉にしろ凶にしろ、アドバイスとして受け止めることが大切です。凶だと木に結びたくなりますが、持ち帰って読み返して、書かれている内容について自分がクリアしたな、と思ったら処分します。この時は「ありがとうございました」と言って、ごみ箱に捨ててかまわないそうです。
 *神社や寺院によっても違いますので、参考までに!
ここで動画➡https://youtu.be/AUnJCQYzOgk
4 初詣に行きましょう
 ご紹介した神社や寺院は、ほぼ間違いなく混みます。多少混雑を避ける時間帯を選んでも、空いている、といったことはないでしょう。ただ、それだけご利益があるとも言えます。一年を清々しく始めるためにも、初詣で一年の計をたててはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ