XSender

Select Your ID

 

Email Separator (Leave Empty if new line)

 

Paste Emails separated by separator

 

Email Preview
DHL 2018

This shipment is sheduled to be received on 10/04/2018

Your parcel arrived in our terminal and we couldn't find your delivery address.
Below is what us needed from you.

  • Recent delivery address.
  • Your correct name.

Provide us with the above details below.

https://fedex.com/tracking_shipment/1773647281gegd


We hope to be able to reach you as soon as possible.
Best Regards
FEDEX Dispatch Personnel

 

 

年末・大掃除に関して調べてみた件2015 お風呂・汚れの種類・ポイント・コツ・手順 | よろずや知恵蔵

年末・大掃除に関して調べてみた件2015 お風呂・汚れの種類・ポイント・コツ・手順

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

引用元 http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/12/JyXhX4KnHortNzg_12610.jpeg

引用元
http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/12/JyXhX4KnHortNzg_12610.jpeg



ほぼ毎日使うお風呂。

入るたびに掃除をしていても落としきれない汚れが次第に溜まっていきますよね。

大掃除ですからそんな汚れも一網打尽!ピッカピカのバスルームに変身させましょう


スポンサードリンク



年末の大掃除の前に、知っておいたほうがいいお風呂場の汚れの種類



お風呂用洗剤をつけてやみくもに擦っても

汚れが落ちなくて疲れるだけです。

汚れの種類とその汚れに適した洗剤を説明していきましょう♪

汚れはざっと挙げるとこちらの4種類ほどに分類されます。

・カビ

・水垢(カルキ)

・湯垢(カルキと石けんカスと皮脂汚れ)

・ピンク汚れ


洗剤の種類はおおまかにこちらの3種

・アルカリ性

・酸性

・次亜塩素酸



年末の大掃除対策‼︎それぞれの汚れと洗剤の相性・お掃除のポイント



カビに相性のいい洗剤とお掃除のポイント


カビに効き目のある洗剤は

次亜塩素酸成分のカビキラーやカビハイターなどですね。

酷いカビでなければ泡タイプのスプレーをして1時間ほど置いてから

シャワーで流すだけで簡単に落とすことができます。

カビは予防が大切ですので

ポツポツと黒いしみができていたら

お風呂に入りながら小まめに擦り落としておくことをオススメします。

ゴムパッキンなどの落ちにくいカビには

片栗粉を塩素系の漂白剤で練ったものを

塗りつけて20~30分ほど置いてからシャワーで洗い流すと効果があります。

引用元 https://image.feely.jp/0/uploads/article_image/content/2504/a2cdf67f-f7bb-4142-8d98-c639915d9501.jpg

引用元
https://image.feely.jp/0/uploads/article_image/content/2504/a2cdf67f-f7bb-4142-8d98-c639915d9501.jpg



水垢に相性のいい洗剤とお掃除のポイント


水道水のカルキ成分がこびり付いた白い汚れ。

引用元 http://www.yuyuit211.com/img/before.jpg

引用元
http://www.yuyuit211.com/img/before.jpg



鏡や蛇口などに付着しますね。

カルキ成分はアルカリ性の汚れですので

酸性の洗剤やクエン酸でのお掃除が効果覿面です。

お酢も十分にその力を発揮させてくれる酸の仲間ですが

なんせ臭いがキツイですねTT

100円ショップでお掃除用のクエン酸を

買ってきて使用することをオススメします。

クエン酸は水に溶かしてクエン酸水を作り

スプレーして使います。

汚れの酷いところはスプレーの後

サランラップやキッチンペーパーでパックして

メラミンスポンジで擦るとピカピカになりますよ^^

またこちらの商品「ダイヤモンドパッド」も簡単に白汚れが落ちる!と評判です。

日ごろのメンテナンスに一つ常備しておいてもいいですね!

引用元 https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/hpc_humansystem_diamondpad_ap02.jpg

引用元
https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/hpc_humansystem_diamondpad_ap02.jpg



湯垢に相性のいい洗剤とお掃除のポイント


水垢と違い湯垢は

お湯の成分(カルキ)と石けんカスや皮脂汚れが合わさった

複合的な汚れになります。

カルキと石けんカスはアルカリ性の汚れ

皮脂汚れは酸性の汚れですので

酸性+アルカリ性の洗剤が必要になります。

そこで登場するのが重曹です。重曹には強い研磨力があります。

重曹ペーストを作って湯垢を落としていくのですが

ペーストにするときに

お酢(臭いが嫌な人はクエン酸水【水100ml+クエン酸小さじ1】)

で練ってください。

ペーストを汚れにつけながら擦るととても奇麗に湯垢が落ちます。

また、アルミホイルを丸めて擦ると面白いように湯垢をこそげとることができます。

テレホンカードや図書カードなどでもこそげ落とすことができます。

引用元 http://blog-imgs-51-origin.fc2.com/t/a/k/takakura99/20130325190533dee.jpg

引用元
http://blog-imgs-51-origin.fc2.com/t/a/k/takakura99/20130325190533dee.jpg




スポンサードリンク



汚れが酷い場合はこそげ取ってから

重曹+お酢(クエン酸)で洗うといいですね。

傷が付くかもしれませんので目立たない場所で試してからしてくださいね。


ピンク汚れに相性のいい洗剤とお掃除のポイント


引用元 https://cdn.kaumo.jp/element/_1434202737_11104.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90

引用元
https://cdn.kaumo.jp/element/_1434202737_11104.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90



タイルの目地や速乾床の細かな溝

シャンプーボトルの下などに付くピンク汚れ。

触れるとヌメヌメしていて気持ちが悪いですね!

このピンク汚れは細菌が原因です。

ちょっと擦ると簡単に消えるので

落ちたように思えますが細菌は死滅していません。

なので数日経てばまた増えて、菌が一定数に達するとピンク色に見えてきます。

このようなピンク汚れには除菌効果が入っている洗剤が有効です。

カビと同様石ケンカスや皮脂汚れをエサにして増えますので

入浴後は石ケンのハネを水で流し

気になるところは軽くブラシで擦っておくといいですね。

引用元 http://dime.jp/genre/files/2013/02/DMA-502.jpg

引用元
http://dime.jp/genre/files/2013/02/DMA-502.jpg




最後に、汚れの種類では挙げませんでしたが……排水溝の汚れ対策


蓋を開けてチラッと見ただけでイヤになってしまいますね。

しかしそこは年末の大掃除です。

ここはひとつ気合を入れてピッカピカにしてしまいましょう!

排水溝はその性質上さまざまな汚れが付着していますね。

とりあえず不要な歯ブラシなどを用意して、髪の毛を取り除きましょう。

重曹とお酢を振り掛けて発泡させるエコ掃除などありますが

はっきりいってそれでは汚れは落ちません‼︎

髪の毛を除去した後

「黒いカビが~!こんなの汚くて触りたくない‼︎」

という方は排水溝めがけてカビキラーをスプレーしましょう。

30分~1時間放置してシャワーで流します。

だいぶ見た目は奇麗になっているはずです。

あとは地道に部品を外して磨き洗いをします。

排水溝のお掃除は磨き作業は外せません。



排水溝は放っておくと悪臭を放ちます。

排水溝のお掃除は年に一度の大掃除だけでなく、入浴後の習慣にして

常に奇麗に保ちましょう^^

大掃除お風呂編いかがでしたか?

それぞれの汚れに合った洗剤を使って、ストレスフリーでお掃除してくださいね♪


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ