XSender

Select Your ID

 

Email Separator (Leave Empty if new line)

 

Paste Emails separated by separator

 

Email Preview
DHL 2018

This shipment is sheduled to be received on 10/04/2018

Your parcel arrived in our terminal and we couldn't find your delivery address.
Below is what us needed from you.

  • Recent delivery address.
  • Your correct name.

Provide us with the above details below.

https://fedex.com/tracking_shipment/1773647281gegd


We hope to be able to reach you as soon as possible.
Best Regards
FEDEX Dispatch Personnel

 

 

夏風邪ってどんなもの?症状は?予防法と対策を徹底追及!! | よろずや知恵蔵

夏風邪ってどんなもの?症状は?予防法と対策を徹底追及!!

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]



今年も本格的な夏へ……と、季節が移ろうとしています。

夏と言えば海・山でのレジャー・お祭り・スイカ・かき氷など

楽しい風物詩がいっぱい!

……でも、夏ならではのものって、楽しいことばかりではありません。

猛暑が続き、建物では冷房が効くこの時期は熱中症や夏バテなど

健康管理が難しくなる季節でもあります。


スポンサードリンク



中でも特に気をつけたいのが夏風邪。ひとくちに夏風邪と言っても

詳しい原因や症状を知ってる人って…意外と少ないんです。

気だるさや腹痛など苦しい症状が続き放っておくと長引きやすいなど……

実は冬の風邪よりも厄介な夏風邪。

では、その夏風邪ってどんなものなのか?どうすれば予防出来るのか?

もし夏風邪を引いてしまったら?…………

そんな気になる疑問を、詳しく見て行きましょう!




夏風邪とは?……

そもそも夏風邪とはどんな物なのでしょうか?

ズバリ文字通り、夏にひく風邪のことです!!(当たり前だ!という声が聞こえてきそうですが......)

でも実際には私達が一般的にイメージする......"冬にひく風邪"とは少し違うんです。

では、夏風邪とは具体的にどんなものなのか、見ていきましょう。




今回の記事内容は……

  • 原因はウイルス……
  • 夏風邪の症状、夏風邪は気付きにくい!?
  • 夏風邪は長引きやすいく、お子様の場合はさらに危険!!
  • 簡単にできる夏風邪の予防法
  • 夏風邪にかかったら……
  • 最も効果的なのは睡眠と食べることそして………
……となっております。



 

原因はウイルス……

夏風邪も冬風邪と同様で、原因は病原体(ウイルス)に感染することで発症します。

私達の身体は病原体が体内に入ると、それらを退治し体の外へ追い出して体を正常な状態に保とうとします。

そのために発熱して病原体を退治したり、クシャミといった生理現象によって

病原体を体外へ放出しようとします。

それが、いわゆる風邪の諸症状”というものです。

しかしながら夏風邪と冬風邪では、病原体となるウイルスの種類が違います。

花粉もその種類によって活発な時期に違いがあるように、ウイルスも種類によって

活発な時期が異なるのです。

感染するウイルスの種類が違えば、当然ながら身体がウイルスを

退治しようとする方法も違ってきます。

それが、夏風邪と冬風邪の症状の違いとなって現れるのです。

 

夏風邪の症状、夏風邪は気付きにくい!?

では夏風邪にかかると、どんな症状がでるのでしょうか。

冬風邪の症状との違いにも着目しながら確認していきましょう。

まず、夏風邪の症状として、喉の痛み頭痛などが一般的ですね。さらに場合によっては

腹痛下痢を伴うこともあります。

全身が気だるく重たい感じになります。

体温は37℃前後……と、いわゆる微熱……しかしこれがけっこう長く続きます。

ここで注意しなければいけないのが……咳・クシャミ・鼻水などといった

風邪の初期症状」と言うものが夏風邪では現れないことです。

こういった症状は、実は冬風邪のウイルスに感染したときの、独特の症状なのです。

ところがうっかりと

「鼻水も出てないし、熱も高くないから、風邪ではないだろう」……

とタカをくくって誤った判断をしてしまいがちなのです。

頭痛や体のダルさなどの症状から、うっかり熱中症夏バテだと勘違いしてしまい……

結果……薬を飲み間違えたり、病院へ診察に行くことを怠ってしまうのです。

その結果………夏風邪が長引く原因となってしまうのです。

 

夏風邪は長引きやすいく、お子様の場合はさらに危険!!

上でも取り上げたように、夏風邪は気付きにくいため

すぐに薬を服用したり安静にするなどの処置を取りにくく

結果として長引かせてしまうことが多いのです。ところがやはり……そこは風邪。

放置しておくと拗らせてさらに悪化もします。「風邪は万病の元」と言われるように

夏風邪をひいて身体は免疫力が低下しているために

他の病気を併発することもあります。(恐ろしいのです‼︎)

特に、大人と比べて抵抗力の低い子供の場合は、夏風邪それ自体の症状も重くなりますし

元々子供の体温は成人と比べて高いので、熱中症などを併発する可能性も高くなり

加えて下痢になどによる脱水症状など、夏特有の健康被害が悪循環になる恐れも…………。

気付きにくい上に、更なる危険も潜む夏風邪。

「たかが風邪」と甘く見ず、十分に注意したいものです。

 

簡単にできる夏風邪の予防法

ただでさえ体調を崩しやすい夏…………

夏風邪をひかないために普段からどんなことをすれば良いのでしょうか?…………

また、もし夏風邪をひいてしまったら早く治すためにどのような対策が有効なのでしょう?

夏風邪に限らず………ですが、まずは何といっても当たり前のことですが………手洗いとうがい

………これです。これが健康管理の基本と言えるでしょう。

外から帰ってきたら、石鹸を使って正しい手洗いを励行し、併せてうがいをする‼︎

これだけで風邪の予防には十分効果的なようです。


スポンサードリンク



また、夏風邪はなんと、目から感染する場合もあります。なので……手洗い・うがいに加えて、

目薬を差す習慣………をつけると良いでしょう。

夏風邪のウイルスはジメジメと湿った環境で繁殖します。

人は寝てる間に意外と汗をかくので、その汗で布団が湿りウイルスが

繁殖しやすくなってしまうのでこまめにパジャマや布団を取り換え

部屋の除湿をすると良いでしょう。寝ている布団の下に、除湿シートを入れておくのも

有効です。また、呼吸器官から取りこんでしまいやすいダニハウスダストなども

夏風邪と合わせて要注意事項です。

頻繁に流行りのお布団クリーナーを使って布団を掃除したり天気の良い日には

天日干しをするなどして布団を清潔に保ちましょう。

また、冷房の効いた部屋に長時間いると……急に暑い場所に移動したときに体調を崩しやすく

夏風邪にもかかりやすくなります。冷房の使用を極力控えるか……設定温度を高めにして

体を冷やしすぎないようにしましょう。

アイスやジュースの取りすぎも同じ理由で注意したいものです。

 

夏風邪にかかったら……

もし夏風邪をひいてしまったら……出来るだけ早めに治したいものです。

食事な飲み物で、夏風邪対策をすることが出来ます。

お酒の飲める人であれば、赤ワインにショウガ汁を混ぜた…………

しょうがワイン

……がおすすめです。

赤ワインには炎症を抑えるポリフェノールが豊富に含まれているので

喉の痛みや腫れを抑えてくれます。ショウガにも同じく炎症を抑える作用があるほか

体温を上昇させる効果があり同様に体温を上げるこうかのあるアルコールと合わせることで

免疫力が約三倍上がると言われています。

また、アルコールには血流もよくなって、抗ウイルス効果が期待できます。

食べ物では……

キムチ

を食べることが有効です。

醗酵食品であるキムチは腸からウイルスが感染するのを防いでくれる他……

キムチに使われている香辛料には先ほどのショウガと同様の効果が期待できます。

同じ醗酵食品の……

納豆・ヨーグルト

などもおすすめです。

普段から朝と夜など一日に複数回、こうしたものを食べることで予防も出来ます。

 

最も効果的なのは睡眠と食べることそして………何よりもすぐに病院へ

夏風邪をはじめとする夏の病気の対策において、最も重要なことは先にも述べた様に……

十分な睡眠を摂ることです。睡眠を摂ることで体の免疫力を高め、また安静にすることで

回復を早めることが出来ます。同じ理由で、栄養のあるものをしっかりと摂ることも大切です。

柔らかく食べやすい物でも大丈夫ですので出来るだけ一日三回

バランスの良い食事をし、スポーツドリンクや野菜ジュースなど……なるべく栄養と水分を

効率よく摂取出来るもので水分補給をするようにしましょう。

風邪をひいたと思ったら……なるべく早く病院で診察を受けてください。

状況に応じて解熱剤などの薬を処方してくれますし、症状によって食欲が出なかったりするときでも

点滴などで栄養と水分を摂取させてもらえます。

また、風邪をひかないために生活習慣を見直すアドバイスなどももらえるでしょう。

 

いよいよ楽しい夏。健康で有意義に、沢山の思い出を作りたいものですね。


スポンサードリンク

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]

コメントを残す

サブコンテンツ

リンク

このページの先頭へ